Sample Company

TEL:0742-46-4186AM10:30〜PM4:00 日・水曜定休

VBAエキスパートとは

試験概要

Excel、Accessのマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを証明する資格です。
Excel VBA ベーシック ・ Excel VBA スタンダード ・ Access VBA ベーシック  ・ Access VBA スタンダード

VBA(Visual Basic for Applications)とは
ExcelやAccessなどのアプリケーションに、指示した通りの処理を実行させる機能をマクロといいます。
VBAは、マクロにExcelやAccessへの指示を記述するための言語で、Visual Basicをベースに、マイクロソフト オフィス製品用に開発されたプログラミング言語です。
VBAを使うことで、ExcelやAccessを自在に制御することが可能になるので、ルーティンワークの自動化や大量データの一括処理、または業務システムの開発など、企業内で多岐にわたって活用されています。

受験料

受験日が2019年9月30日までの方

試験科目 時間 受験料(一般) 受験料(割引)
Excel VBA ベーシック 50分 ¥12,960 ¥11,664
Excel VBA スタンダード 50分 ¥14,580 ¥13,176
Access VBA ベーシック 50分 ¥12,960 ¥11,664
Access VBA スタンダード 60分 ¥14,580 ¥13,176

受験日が2019年10月1日以降の方

試験科目 時間 受験料(一般) 受験料(割引)
Excel VBA ベーシック 50分 ¥13,200 ¥11,880
Excel VBA スタンダード 50分 ¥14,850 ¥13,420
Access VBA ベーシック 50分 ¥13,200 ¥11,880
Access VBA スタンダード 60分 ¥14,850 ¥13,420

※割引価格で受験するには、対象となる資格を一つ以上取得している必要があります。詳しくは割引受験制度についてをご覧ください。

スタンダードクラウンについて

VBAエキスパート スタンダードクラウン(以下:スタンダードクラウン)は、Excel VBAとAccess VBAのスタンダードレベル2科目を取得したすべての方に贈られる称号です。
VBAを2種類のアプリケーションで活用できる、スキルの幅広さと高さを証明するスタンダードクラウンの認定証が発行されます。

認定証の発行
「スタンダードクラウン認定証」は、取得条件の2科目を同じ「受験者ID」で取得すると、最後に取得した科目の合格から約4~6週間で自動的に発行されます。ただし、最後に取得した科目の「合格認定証」とは別便で発送します。
取得条件の2科目を異なる「受験者ID」で取得した方は、「スタンダードクラウン認定証」が自動的に発行されません。「受験者IDの統合」ページから「受験者ID」の統合を申請してください。「受験者ID」が1つに統合されたのちに、「スタンダードクラウン認定証」が自動的に発行されます。
発行手数料
認定証の発行にかかる手数料は無料です。

Excel VBA ベーシック

Excel VBAの基本文法を理解し、基礎的なマクロの読解・記述能力を診断します。ベーシックレベルで診断するスキルには、変数、セル・シート・ブックの操作、条件分岐、繰返し処理などが含まれます。

項目 内容
問題数 40問前後
出題形式 選択肢形式、ドロップダウンリスト形式、クリック形式、ドラッグ&ドロップ形式、穴埋め記述形式
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 50分
合格基準 650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。

※同一科目を複数回受験する場合には、再受験に関するルールがございます。詳しくはオデッセイ社試験の注意事項のページの再受験に関するルール>VBAエキスパートの再受験に関するルールをご覧ください。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

Excel VBA スタンダード

プロパティ・メソッドなど、Excel VBAの基本文法を理解して、ベーシックレベルよりも高度なマクロを読解・記述する能力を診断します。スタンダードレベルで診断するスキルには、ベーシックレベルを深めた知識に加え、配列、検索とオートフィルター、並べ替え、テーブル操作、エラー対策などが含まれます。

項目 内容
問題数 40問前後
出題形式 選択肢形式、ドロップダウンリスト形式、クリック形式、ドラッグ&ドロップ形式、穴埋め記述形式
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 50分
合格基準 650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。

※同一科目を複数回受験する場合には、再受験に関するルールがございます。詳しくはオデッセイ社試験の注意事項のページの再受験に関するルール>VBAエキスパートの再受験に関するルールをご覧ください。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

Access VBA ベーシック

データベースの基礎知識、Access VBAの基本文法をはじめ、SQLに関する基礎的な理解力を診断します。ベーシックレベルで診断するスキルには、変数、条件分岐、繰返し処理、オブジェクトの操作、関数などのほか、Visual Basic Editorの利用スキル、デバッグの基礎などが含まれます。

項目 内容
問題数 40問前後
出題形式 選択肢形式、ドロップダウンリスト形式、クリック形式、ドラッグ&ドロップ形式、穴埋め記述形式
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 50分
合格基準 650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。

※同一科目を複数回受験する場合には、再受験に関するルールがございます。詳しくはオデッセイ社試験の注意事項のページの再受験に関するルール>VBAエキスパートの再受験に関するルールをご覧ください。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

Access VBA スタンダード

データベースの基礎知識、Access VBAの基本文法、SQLなど、ベーシックレベルのスキルに加え、より高度なプログラムを読解・記述する能力を診断します。スタンダードレベルで診断するスキルには、ファイル操作、ADO/DAOによるデータベース操作、オブジェクトの操作、プログラミングのトレース能力、エラー対策などが含まれます。

項目 内容
問題数 40問前後
出題形式 選択肢形式、ドロップダウンリスト形式、クリック形式、ドラッグ&ドロップ形式、穴埋め記述形式
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 50分
合格基準 650~800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します。

※同一科目を複数回受験する場合には、再受験に関するルールがございます。詳しくはオデッセイ社試験の注意事項のページの再受験に関するルール>VBAエキスパートの再受験に関するルールをご覧ください。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

割引受験制度について

対象の資格を、1つでも取得している方が、VBAエキスパートを割引価格で受験できる制度です。

対象
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)、IC3、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験の資格を1つでも取得している方。
※IC3の場合、単科目合格でなく、資格取得していること(3科目合格、または2科目合格+キーアプリ免除制度利用)が条件となります。
お申込み時の注意事項
受験のお申込み時に、(割引)の科目を選択し、備考欄に「過去に合格した資格の受験日、科目名」をご記入ください。
受験当日の注意事項
一般の試験でご用意いただく試験当日の持ち物に加えて、割引対象であることを証明する以下のいずれかを持参し、受付の際に提示してください。
  1. 取得済み資格の合格認定証
  2. 取得済み資格のデジタル認定証のプリントアウト(氏名、取得科目が確認できればスマートフォンによる提示も可)
  3. 取得済み資格の結果レポート